食文化 パン

クリスマスを待ちわびながら 毎日ひときれずつ
シュトーレン Stollen

ドイツ語圏のクリスマスに欠かせない伝統菓子。いわゆるパウンドケーキとは違って、シュトーレンは酵母の力で生地を発酵させる「発酵菓子」です。

マジパンを生地に練りこんで焼く「クリスシュトーレン Christstollen」と、マジパンを芯に巻き込む「ヴァイナハトシュトーレン Weihnachtstollen」がありますが、エーデッガー・タックスは練りこむタイプ。ライ麦由来の自家製酵母を生地に使って、風味豊かに仕上げています。スパイスとドライフルーツをたっぷり加え、焼きあがったら砂糖をまぶしてコーティング。生まれたばかりのキリストが、真っ白いおくるみに包まれている姿を模しています。スライスしたときに大小3つの山のかたちになるのが、手作りの証。キリスト教のおしえ「三位一体」を表しています。

酵母とシュガーコーティングの効果で、日持ちはたっぷり1か月。ヨーロッパではクリスマスの4週間前=アドベントの日から、毎日ひときれずつ食べるのが習慣です。時間がたつにつれドライフルーツが生地になじみ、熟成が進むほどにしっとり。日ごとに美味しさが増してゆき、クリスマスを待ちわびるワクワク感をさらにかきたてます。スライスして、厚めに切ったバターやクリームチーズをのせるのもおすすめ。