食文化 パン

ひとつひとつ手で成形 職人技のパン
ハンドカイザーHandkaiser

エーデッガー・タックスの看板アイテム、「ハンドカイザー」。一般的にはカイザーゼンメルと呼ばれる、オーストリアでは日常的なパンです。
皇帝の頭に輝く王冠を模した独特のらせん形。毎日食べるものであるがゆえ、大量生産するために多くのベーカリーは専用のスタンプで筋をつけるだけ。でもエーデッガー・タックスは、昔ながらの製法にこだわります。薄く伸ばした生地を折りたたんで、すべて手作業で成形。平らだった生地が、あっという間に立体的に! 伝統を重んじるオーストリアでも、この技を習得した職人はごくわずかです。
見た目の美しさだけでなく、きめも細やか、食感ももっちり。小さいながらも、伝統と職人技が凝縮しています。